正しい飲み方を実践しよう

栄養ドリンク

飲むタイミングも大切

健康・美容を促進してくれる健康食品といえばコラーゲンですが、大量に摂取するとアレルギーの原因となる可能性があります。過敏症を防ぐためには商品パッケージ記載の目安量を守って、コツコツと摂り続けるのが基本です。コラーゲンはビタミンCとの相性がよいため、肌の健康や骨の健康増進のためにも組み合わせて摂りましょう。サプリとして摂るときは食後が適しており、胃腸が活発に働いて吸収性が高くなるからです。空腹時に飲むと胃もたれを感じることがあるので、食後30分以内を目安に飲んでみるとよいです。飲むときはお腹を冷やさないように、ぬるま湯で飲むのがよいでしょう。コラーゲンは食品由来の成分なので、ジュースやお茶と一緒に飲んでも問題はありません。コラーゲンは弾力性のある肌づくりのために欠かせませんが、骨を丈夫にするメリットもあります。骨粗鬆症の予防対策としても最適なので、特に女性の方は若いころから摂取しておきましょう。コラーゲン商品にはサプリのほかにドリンクも用意されており、粒タイプより吸収性が高いのが特徴です。ドリンクは内臓に負担をかけることなく吸収されるので、胃腸が弱っている方に適しています。サプリを飲むと胃もたれ・胸焼けするという人は、しばらくドリンクを飲んでみましょう。ドリンクの場合は食後よりも空腹時のほうが吸収性が高くなるので、食前や就寝前などの飲用をおすすめします。サプリと内容成分に違いがなくても、ドリンクのほうが実感度は高いです。

Copyright© 2019 身体に良いコラーゲンを補給【食事だけではどうしても不足しがち】 All Rights Reserved.