食品やサプリで摂取する

コラーゲン

ビタミンCとの相乗効果

コラーゲンは肌の構成や血、骨を作るのに欠かせない栄養素です。体内で生成されている成分ですが、年齢と共にその量は減少し、50代になると20代の半分ほどしか生成されなくなってしまいます。では、どのように生成量を増やせばよいのかというと、コラーゲンを摂取すればよいのです。コラーゲンはうなぎや豚足、軟骨などの食品から摂取できるほか、サプリメントやドリンクからも摂取できます。安定した量を摂取したいなら、サプリメントやドリンクがおすすめです。体内に摂取されたコラーゲンは、アミノ酸に分解されて体の隅々のまで運ばれ、再びコラーゲンとして生成されます。また、コラーゲンペプチドとしてダイレクトに吸収されることもあります。そのため、コラーゲンを摂取することは非常に有効です。上手にコラーゲンを摂取する方法としては、ビタミンCと一緒に摂取するのがおすすめです。ビタミンCとの相乗効果により、生成力が高まります。そして、吸収量を高めるために、腸内環境を整えるのも大切です。効率的に吸収されるほど、生成力がアップするでしょう。また、サプリやドリンクを選ぶ時は、低分子化されたコラーゲンペプチドが配合されているものがおすすめです。冷却しても固まらないという特性があるため、様々なものに配合しやすいのも特徴です。水に溶けやすい性質で吸収力が高く、体内でより早く作用します。美容や健康を維持するためにも、積極的に摂り入れるのが良いでしょう。

Copyright© 2019 身体に良いコラーゲンを補給【食事だけではどうしても不足しがち】 All Rights Reserved.